悩みを溜めすぎていて、カウンセリングに

私は悩みを溜め込んでしまうタイプでした。育った環境はごく普通ではあるものの、色々と複雑な感じでもありました。それが爆発してしまったのが、高校生の終わりでした。自分の学校生活も色々と悩んでおり、さらに将来の不安などで毎日押しつぶされそうな感じだったのです。その頃、精神科に通い始め、ようやく、ぽつぽつと自分の悩みを話せるようになりました。カウンセリングは初めてだったこともあり、また自分の悩みをオープンにするのが極端な性格のせいで、最初はなかなか話せませんでした。でも、医者はしんぼう強くまってくれました。そして、少しずつ話せることによって、気持ちも多少楽になり、だんだんと落ち着くことができました。今でも悩みを話すのはとても苦手ですが、あまり溜めすぎない方がいいだろうなとも思って、気をつけています。今ではもう精神科には通っていませんが、自分の話を聞いてくれた医者には、とても救われました。初めてのカウンセリングというのは身構えてしまうものだけれど、あまり深く考えないで医者に任せればいいと、私は思います。

PR|有明のセレブが通うエナジーテラピー|

Comments are closed.