日本語でのカウンセリング

私は長年、ニューヨークに住んでいたのですが、いろいろなことがあって、うつ状態になり、カウンセリングを受けるようになりました。最初は英語で話しをするカウンセリングを受けていたのですが、やはり母国語である日本語で受けたほうがいいだろうということで、日本人のカウンセラーからカウンセリングを受けることにしました。
ニューヨークでも日本人のカウンセラーがいて、海外で困った状況になった人のケアに努めていて、日本語で話ができるところがとても安心できました。
1時間のセッションですが、心を開いて話をすることができて、毎週1回、カウンセリングを受けていました。カウンセラーに話すことでカラダの不調も改善しました。
帰国することが決まってから、日本に帰ってもカウンセリングを受けるようにと言われましたが、日本ではなかなかいいカウンセラーが見つかりませんでした。
ニューヨークでは収入によって代金が決まるようなシステムになっていたのですが、日本ではなかなかいいカウンセラーとは出会えません。

Comments are closed.